スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご来場ありがとうございました

P-5 9th SESSION『Draw The Curtain』にご来場いただき、誠にありがとうございました。
たくさんの方々に支えられ、無事幕を下ろすことができました。

次回10th SESSIONも、この場所で行います。
またのご来場を心よりお待ちしております。

萬客席
スポンサーサイト

公演中の制作裏話③

今回の新たな試みは…こちら!

あめ

オリジナルキャンディーです。

いくつかデザインを考えたのですが、結局のところシンプルが一番ということで
PのロゴとPカラーであるオレンジを使いました。

ご来場のお客様はお気づきかと思いますが、実はこのあめ、劇中に登場しています。
舞台(虚構)と制作(現実)がリンクできるのも、演劇ならではですね。
お客様にはとても好評でした。

次回も何かできるといいなぁ。

公演中の制作裏話②

みなさんはご覧になったでしょうか?
ロビー、階段の踊り場に掲示された今までの舞台の写真を。

ロビーは1st SESSION(2004年)、下に降りていくと最近のOUT STAGE-2(2012年)の写真と、
今までのP-5の歴史を垣間見ることができます。

あー、みんな若いなぁ。
この劇場、搬入がきつかったなぁ。
まだ私も出演していたなぁ。
あのシーンでお客さん笑ってたなぁ。などなど。
お客さんというより私が見入ってしまったりします。

公演のたびに増えていくこの写真。
今回のベストショットを、次回公演で掲示します。
お楽しみに!

公演中の制作裏話①

さて、初めてお世話になる劇場というのは勝手がわからないもので。

役者目線だと楽屋とか舞台とかが気になるところですが、
制作目線ではロビー、客席、事務所の場所、劇場近くの店舗なんかが断然気になります。

今まで利用していた劇場は、ロビーと劇場が同じ階にあったので
何かあれば扉を開けて「すみませーん」と
いとも容易く役者やスタッフさんに声が掛けられました。

が、今回はそうはいきません!

だってロビーは一階。劇場は地下二階。

そういうわけで、今回活躍したもの。
インターホン
トランシーバー


インターホンはとても便利でしたが、音が大きいのでさすがに本番中はNG。
トランシーバーも便利ですが、接客中は応答できないことも多く、いかんせん受信専用になりがち。
そこで活躍するのは…足です。

ロビーと劇場を往復してくれた役者さん、お手伝いの皆さん、
本当にありがとうございました!!

小屋入り


やってきました萬劇場。
萬と書いて「よろず」と読みます。

私、初めて見た時読めませんでした。
なので、フライヤーにもチケットにも「萬(よろず)劇場」と表記しました。

5日間(公演は4日間ですが、私たちは仕込みがあるので5日間)、お世話になります。

萬

祈願


恒例の花園神社へのお参りです。
なにげなく撮りましたが、身長差にびっくりです。

花園お参り

明日から小屋入り!

いろいろ打ち合わせもした!
買い出しもした!
宣伝もした!
できる限りのことはした!はず!!

怒涛の日々の幕開けです。

DM作業中

みんなが稽古している片隅で…
片隅というか、もろ正面で…

DM作業中です!!

DM.jpg

写真は今回「制作助手」の肩書がついた梶くん。
私と一緒に折込も行ってくれた戦友であります。

折る!折る!詰める!封をする!!
単純作業ではありますが、9th SESSIONともなるとお客さんの数が半端ではありません。
少しでも多くのお客様に、届けDM!!

ところで、DMを見て劇場に足を運んでくださるお客さまってどのくらいいるのでしょう。
もしいらっしゃったら、ぜひご一報ください。
制作が泣いて喜びます!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。